• ホーム
  • よくあるご相談・お客様の声
  • Q&A
  • 店舗紹介
  • お問合せ
  • 安藤漢方ブログ
安藤漢方ブログ
京都大学の本庶佑名誉教授がノーベル賞医学、生理学賞を受賞されましたね。素晴らしい成果だと思います。
がん細胞は実に狡猾に免疫細胞にブレーキをかけて生き延びていて、免疫細胞の表面にあるタンパク質PD-1がそれに関係している事を発見されました。
免疫チェックポイント阻害薬という新しい概念で免疫の活動にブレーキがかからないようにすることができるようになりました。
そこで気になる事があります。たしかにブレーキはかからなくなるのでしょうが、免疫細胞のアクセルを踏まなければ攻撃はできません。
がんになってしまった方の免疫細胞は、そもそもアクセルを踏める状態に無かったからがんを発症してしまったのではないかということが懸念されます。
夢のような薬でこれだけでがんが治ってしまうとは思わない方が良いのではないでしょうか。

(桂店 ともき)

スタッフ日記 | 2018,10,02, Tuesday 11:05 AM