• ホーム
  • よくあるご相談・お客様の声
  • Q&A
  • 店舗紹介
  • お問合せ
  • 安藤漢方ブログ
安藤漢方ブログ
度々ここでも書いていますが、現代の行きすぎた清潔志向は不健康の元です。
特に腸内細菌は絶妙なバランスで悪玉、善玉が共生して初めて健康になれます。
発酵食が腸内環境にいいのはもちろんですが、例えばおにぎりも素手で握ってもらったものは、握った方の手の常在菌も頂くことになるのでより腸のためになります。
もちろん手は洗った上での話ですが、抗菌石けんでごしごし洗う必要はないと個人的には思います。

(桂店 ともき)

スタッフ日記 | 2018,05,10, Thursday 04:39 PM
汗をかいてもそこに含まれる有害物質はごく微量だったとする研究結果が出たそうです。
デトックス効果の否定です。もちろん汗をかくことはいい事に決まってますが、それだけで解毒できるほど人間の体は単純ではないと思います。
肝臓や腎臓などの機能を高め総合的にゴミの溜まらない体にしたいですね。

(桂店 ともき)

スタッフ日記 | 2018,04,13, Friday 02:23 PM
糖質制限食が危険という記事が週刊誌に出ていました。まさに鬼の首を取ったかのような記事でしたね。
マウスに高脂肪食、日本食的な食事、糖質制限食をさせてみたら、糖質制限食のマウスが一番寿命が短かったという報告です。
そりゃそうでしょう。そもそもマウスの主食は草の種などであって、穀物=低脂質食であり、高タンパクの食事なわけないです。マウスの代謝に合わない食事をさせられたから病気になっただけです。その生き物に対して本来の食事は何かという点が大事です。アマゾンの奥地で高炭水化物食の部族が健康だったとも書いてありましたが、車や電車を使わない原始的に暮らす部族だからこそ多少の糖質過多は問題ないことは少し考えればわかることです。
少なくとも現代人は糖質をたくさん摂って健康に過ごせる方は少ないと思います。

(桂店 ともき)

スタッフ日記 | 2018,03,29, Thursday 11:20 AM
帯状疱疹はウィルスによる感染症で、子供の頃にかかった水ぼうそうから始まっています。
このウィルスは免疫力がしっかりしている間は神経節と呼ばれるところでひっそり隠れていて、加齢、ストレス、疲労、冷えなどにより免疫力が低下すると神経に沿って皮膚や神経を攻撃しながら増え始めます。
皮膚の赤みが帯状にはっきりしていると帯状疱疹とすぐ分かるのですが、ぽつぽつと赤みがあるだけの状態だと皮膚炎と間違えて対処が遅れ、長引くケースがあるので注意が必要です。

(桂店 ともき)

スタッフ日記 | 2018,03,22, Thursday 02:19 PM
    
この構図の写真懐かしいですね。
きんさんぎんさんのうち、ぎんさんの娘さんたちだそうで、100歳と94歳になられたそうです。
きんさんぎんさんは、亡くなられた後献体をされ、長寿の秘密が探られました。
その中で有意に数値の高いホルモンがあり、それが長寿ホルモンだとされています。この娘さんたちも一般の方々よりそのホルモンの数値が高いそうです。
そのホルモンとは何なのか、どうすれば出るようになるのかが知りたい方は是非ご来店ください。

(桂店 ともき)

スタッフ日記 | 2018,03,19, Monday 03:48 PM